HOME » ダイエットのための食事方法の基礎知識 » 筋トレダイエットを成功させる食事
筋トレダイエットを成功させる食事(イメージ)

筋トレダイエットを
成功させる食事

ただやみくもに筋肉に刺激を与えたからといって、効果がでるわけではありません。まずは筋肉の役割を把握し、筋トレダイエットに欠かせない食事法を知るところから始めることが大切です。筋肉を作ってくれるタンパク質をしっかり摂りながら、引き締めボディを目指しましょう!

筋トレダイエットとは

体を引き締めたい、体力をつけたい、痩せたい…という願いを叶えてくれるのが筋トレダイエット。

筋トレダイエットで鍛える筋肉は、胸や背中、お腹、脚にある体幹筋です。体幹筋は、姿勢を正し、体のラインづくりをし、エネルギーを消費してくれる大切な筋肉。体幹筋が鍛えられると、太りにくく、整った体を手に入れることができるのです。

また、筋肉量がアップすると、内臓や脳が働くために必要なエネルギーをしっかり消費してくれるようになるので、運動をしていないときでも脂肪が燃えやすい体になります。

筋肉は脂肪より重い!?

筋トレを続けていると、体重が減るどころか、増えている…ということがあるそうです。それは、決して効果が出ていないのではなく、逆に効果が出ている証拠と言えます。

実は、筋肉は脂肪よりも重たいため、筋トレの効果が出てくると、自然に体重が増えていくのです。

ただ、筋肉は体積が少ないので、体重は増加しても見た目はスリムになっているはずなので、心配ありません。

筋トレダイエットに効果的な食事

筋肉をつける筋トレダイエットに効果的なのは、筋肉を作ってくれるタンパク質を摂ることです。

タンパク質は肉や魚、卵、豆類に含まれているので、筋トレダイエット中は積極的に摂るように心がけましょう。

プロテインを利用しよう

食事以外でタンパク質を効果的に摂取する方法は、プロテインを飲むことです。

筋肉を作るためにはタンパク質を摂ることが必要不可欠ですが、実はタンパク質を含む食品は、脂質が多いなど高カロリーのものがほとんど。そのため、タンパク質を多く含む食品ばかり摂取していると、ダイエットにはならないのです。

その点プロテインなら、摂取カロリーの調整ができるだけでなく、疲労回復に効果が期待できるアミノ酸が含まれているので、筋トレダイエットの強い味方だといえます。

プロテインには様々な種類・味があるので、自分に合ったものを選んでみてください。

筋トレダイエットをする際の
おすすめ食事例

筋トレ中の食事といえば、鶏ささみ・豆腐などの食材を食べるイメージがありますよね。低カロリーで高たんぱくを心がけるということが有名です。脂肪を減らし、筋肉をつけたいなら、脂質と炭水化物のバランスが大きなカギとなるので、食事のバランスには気をつけなければなりません。筋トレダイエット中におすすめの食事例を紹介します。


(約350キロカロリー)

  • ささみときのこの雑炊
  • キウイ
  • ポイント:ささみは高たんぱくで低カロリーなお肉の代表格。キウイで不足しがちなビタミンや酵素を補いましょう!


(約500キロカロリー)

  • 鉄火丼
  • ポイント:マグロの赤身にはたんぱく質の吸収を助ける働きを持つビタミンB6も含まれているのでおすすめです。


(約650キロカロリー)

  • サバの塩焼き
  • ささみのサラダ
  • ご飯(140g)
  • なめこのお味噌汁
  • ポイント:サバは、たんぱく質と脂質を兼ね備えています。ご飯は100グラムまで減らしてもOKです。

1日の食事のカロリーのトータルは、1500キロカロリーが理想と言われています。筋トレ中の食事は、たんぱく質を意識して摂取し、脂質と炭水化物を抑えるように心がけましょう。