HOME » ダイエットサプリ成分辞典 » カプサイシン
カプサイシン(イメージ)

カプサイシン

トウガラシに含まれる辛み成分カプサイシン。運動の前に取り入れるとダイエットに効果的といわれる理由はなんでしょうか?また、ダイエットの場合に注意しておきたい作用についても触れています。

その辛みがダイエットにいい?
カプサイシン

天然の有機化合物の1つで、トウガラシに含まれる辛味成分がカプサイシンです。

気体になりにくい性質のため、トウガラシを砕いて粉にしても効果は減少しませんし、加熱しても壊れにくいので、調理後もその効果を維持できます。

それだけ強い成分のため、サプリメントになっても効果の持続がきたいできるのです。

ちなみに、「辛味」というのは味ではありません。舌の感覚神経を刺激することで感じる痛みを、辛味と呼んでいます。

もともと痛みに敏感な人や食べ過ぎた時などは、少しの量を食べただけでも「痛み」を強く感じたり、味を感じにくくなったりする場合があるのです。

そのため、胃を活発にしたり、代謝を向上させてくれる働きがあるカプサイシンですが、大量に摂取してしまうと、胃を痛めたり、体へダメージを与えることにもなりかねません。

サプリメントで摂取する場合も、用法用量を守ってほどほどにすることが大切です。

カプサイシンのダイエット効果

カプサイシンには、代謝に関わるホルモン(アドレナリン)の分泌を促進することで脂肪の燃焼を助けるという働きがあります。

通常、体はエネルギーを糖からつくりだすため、運動をしてもなかなか脂肪燃焼にまでたどり着かない場合が多くあります。

ですがアドレナリンが多く分泌されている場合、体に溜まった脂肪からもエネルギーをつくりだそうとするため、大きなダイエット効果が期待できるのです。

その他のダイエット効果は以下の通りです。

代謝の向上

トウガラシの入った食べ物を食べた時、体がポカポカしたり、汗をかいたりしますよね。その理由はカプサイシンにあります。

カプサイシンには代謝を向上させる効果があるため、摂取すると血行が良くなって、体があたたかくなるのです。

これは、代謝が活性化されてエネルギー消費量が増えている証拠。代謝が活性化されるということは、脂肪燃焼が進むので、結果的にダイエットや肥満予防に繋がります。

ただ確かに太りにくい体質をつくるのに向いていますが、基礎代謝アップ系の成分は、運動と組み合わせてこそ本領を発揮するもの。

ホルモン分泌の促進作用と共に、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動の前に取り入れるのがオススメです。

コレステロール値を下げる

カプサイシンには、体内に蓄積された悪玉コレステロールを減らしたり、排出してくれる働きがあります。

しかも、善玉コレステロールには影響がなく、体内の排出すべきコレステロール値を下げてくれるため、メタボの方や隠れメタボの方の頼もしい味方と言えます。

カプサイシンの注意点

上記の刺激性の他に、ダイエットの場合に気を付けたいカプサイシンの特徴が、食欲増進効果。

カプサイシンの刺激によって、唾液や胃の粘液がたくさん分泌され、必要以上に食欲が増進されてしまいます。辛い食べ物を食べた場合、たくさんの唾液が分泌されるのと一緒です。

食事の前にカプサイシンを取るのは、食べ過ぎにつながる可能性があるため、注意が必要です。

checkカプサイシンが含まれているダイエットサプリ

  • カプシエイトナチュラ

    カプシエイトナチュラ(サイトイメージ)
    引用元:味の素健康ケアオンラインショップ(https://www.ajinomoto-kenko.com/ff/capsiate_natura/)

    味の素グループが提供しているダイエットサプリ。年齢と共に落ちていく脂肪燃焼力を底上げしてくれます。こだわり抜いた、「辛くない唐辛子」からカプサイシンを抽出。カプセルも植物性で自然のチカラを活かしたサプリメントですね。

    詳細はこちら
  • デュアスラリア

    デュアスラリア(サイトイメージ)
    引用元:エバーライフ公式(https://www.everlifegroup.jp/products/diet/)

    株式会社エバーライフが作っている燃焼系サプリメント。脂肪を貯め込んで燃えにくい体から、スッキリ燃やす体に変えていくサポートしてくれます。燃やすための成分として、カプサイシン・L-カルニチンを配合。さらに、ヒハツと呼ばれる体を温める成分をプラスしているようです。

    詳細はこちら