HOME » ダイエットサプリ成分辞典 » キノコキトサン

キノコキトサン

ローカロリーで食物繊維が豊富なキノコは、ダイエッターに人気の食材ですが、実はダイエットに役立つキノコキトサンという成分も含まれています。

脂肪の吸収を防ぎ、付いた脂肪は燃焼させるキノコキトサン

キノコキトサンは、あらゆるキノコに含まれる成分の一つで、ダイエットをサポートする働きが、この数年注目されています。

キノコキトサンの存在自体は古くから知られていましたが、21世紀までは抽出する方法がなかったので、その働きや体への影響についてはほとんど研究されていませんでした。ごく最近になって、コレステロールや中性脂肪を減らす働きや、血糖値を下げる働きなど、健康への効果が分かってきた成分です。

中でも注目を集めているのが、キノコキトサンの体内に入ってきた脂肪の吸収を阻害し、体についた脂肪の燃焼を促進するという、ダイエットに効果的な働きです。

基本的に、キノコキトサンはどんなキノコにでも含まれています。もちろん、市販されている椎茸やマイタケ、エノキなどにも含まれています。ただしキノコキトサンは水溶性なので、キノコを調理をする際には水洗いをせずに、土を払った後にぬれ布巾で拭くのがよいでしょう。

キノコキトサンのダイエット効果

キノコキトサンは、脂肪の吸収を防ぐ働きに加えて、付いてしまった脂肪の燃焼を促進させる働きもあり、ダブル効果でダイエットをサポートしてくれます。

脂肪の吸収を抑える働き

小腸が脂肪を吸収する際に、リパーゼという分解酵素が分泌されるのですが、キノコキトサンはその働きを抑える作用があります。脂っこい食事と一緒にキノコを食べると、脂肪が小腸で分解されにくくなるので、脂肪が吸収されにくくなるのです。

脂肪を燃焼させる働き

キノコキトサンが体脂肪を分解するメカニズムについては、実はまだ解明されていません。

しくみは不明でも、キノコキトサンのダイエット効果については、多くの臨床データがあります。1日300gのキノコを8週間摂取した人たちの体重変化を、年代別・性別に検証した実験では、ほとんどの層において体重の減少が見られました。

平均年齢41歳の男女を対象とした実験では、被験者の半数が2~5kg体重減少しています。平均年齢51歳の男女ではなんと全員の体重が減少し、そのうち59%の被験者は2~5kgの体重減少が確認されたそうです。

なお、キノコキトサンのダイエット効果は、年齢が高くなるにつれて顕著になることも明らかになっています。

キノコキトサンを摂るタイミング

キノコキトサンには、食事に含まれる脂肪を吸収する働きがあるので、ダイエットが目的で摂るなら、食前か食事中がおすすです。

効果的な摂取量はキノコにして300gなので、キノコ料理が好きな方は、朝と晩の食事にそれぞれ150gずつのキノコを摂るようにすれば良いでしょう。

キノコ300gを毎日食べ続けるのは大変なのでサプリが良いと言う人も、食前の摂取が効果的です。