HOME » ダイエットサプリ基礎知識 » ダイエットサプリと運動の関係性
diet ダイエットサプリと運動の関係性(イメージ)

ダイエットサプリと運動の関係性

ダイエットサプリには代謝を上げたり脂肪を燃焼しやすくする働きがあります。こうしたダイエットサプリは運動を組み合わせるのがおすすめ。代謝が上がってエネルギー消費が活発になっている状態で運動をすると、余分な脂肪やエネルギーが消費されるスピードが高まり、「太りにくく痩せやすいカラダ」を作ることができます。

基礎代謝をあげて
リバウンドしない身体に

基礎代謝とは、何もしていなくても消費されるエネルギーのこと。人間のカラダは心臓を動かしたり、栄養を吸収したり、体温を保ったり呼吸をする、といった生命活動のために、常にエネルギーを消費しています。私たちが1日に消費するカロリーのうち、基礎代謝は実に約7割を占めています。

そのため、基礎代謝があがればエネルギー摂取量がより多くなり、たくさん食べても太りにくいカラダになります。「ダイエットの要は基礎代謝アップ」と言われるのも、そのせいなんですね。

では基礎代謝を上げるにはどうしたらいいのでしょうか。最も効果的なのは、筋肉をつけることです。エネルギー消費は主に筋肉で行われているため、筋肉量が多いほど多くのエネルギーが消費されることになります。ダイエットサプリに運動を加えて筋力アップをはかることで、より高い効果を生み出すことができます。

有酸素運動で脂肪を燃焼

筋肉をつけるには、筋トレなどでコツコツ筋肉量を増やしていくことが大切ですが、もうひとつ大事なことは、有酸素運動を組み合わせることです。筋肉があっても有酸素運動をしなければ、脂肪は積極的に消費されないのです。

ジョギングやランニングなどの有酸素運動がよいとされるのは、脂肪を燃焼しやすくするだけでなく、心肺機能が上がって血液の流れが良くなり、細胞を活性します。また、リンパの流れを良くして、老廃物や疲労物質を体外へ排出しやすくなります。

ダイエットサプリと有酸素運動を組み合わせることで、痩せやすいカラダを作るだけでなく、疲れにくく健康なカラダを作りだすことができるのです。特に脂肪燃焼系のダイエットサプリは、運動前に飲むとより効果がアップすると言われています。

運動が嫌いな人は
家事ダイエットがおすすめ

「運動は苦手だし、毎日忙しくて時間がない」という人には、家の中でできる軽めの運動をダイエットサプリと組み合わせる方法がおすすめです。料理や掃除、洗濯など、ふだん何気なくやっている家事でも、意識してやれば立派な運動になるんです。

たとえば洗濯を取り込む、アイロンがけをする、お皿を洗う、といった家事は、30分続けると約35kcal(体重52キロの女性の場合)消費します。35kcalはアメ3個分のカロリーですから、毎日コツコツ積み重ねていると、それなりの消費量になります。

もう少し強度を上げたい場合は、庭の草むしり、床や浴室・浴槽磨き、自転車に乗る、子供やペットと遊ぶなどはカロリー消費量が高くなります。家事をしながらストレッチやエクササイズを組み合わせれば、より効果大。上手に運動を取り入れてダイエットサプリの効果をアップさせましょう。