HOME » ダイエットにオススメの食事方法 » コーヒーダイエット
コーヒーダイエット(イメージ)

コーヒーダイエット コーヒーダイエット

コーヒーに多く含まれるカフェインは、交感神経を刺激する作用があることはよく知られていて、眠気覚ましに毎日飲んでいる人も多いでしょう。実はこのこと以外にも、脂質を分解してくれるリパーゼという成分の働きをサポートする作用があるので、ダイエット効果に期待できるのです。

コーヒーダイエットとは?

コーヒーダイエットとは、1日に数杯のコーヒーを飲むだけでダイエット効果を狙う方法。主に、コーヒーに含まれるカフェインの働きで、脂肪燃焼を促進させるといったメカニズムです。カフェインに脂肪燃焼効果があることは科学的にも実証されています。
食事制限や運動をするわけでもなく、ただ美味しいコーヒーを飲むだけのダイエット法。本当にコーヒーだけで痩せられるならば、夢のような話です。

コーヒーダイエットの科学的根拠

コーヒーダイエットの効果の根拠には、カフェイン、クロロゲン酸、老廃物排出の3つがあります。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

カフェインには脂肪燃焼を助ける働きがある

カフェインには、リパーゼという消化酵素を活性化させる働きがあります。リパーゼとは脂肪を分解する大事な酵素。カフェインによるリパーゼの活性化が、間接的に脂肪の分解を助けるというわけです。
併せて、カフェインには血行を促進させる働きもあります。血行改善はダイエット成功へ向けた第一歩。血行が良くなれば代謝が上がるため、運動をしなくても自動的に脂肪が燃焼していきます。

クロロゲン酸もダイエットをサポート

コーヒーにはクロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールの一種が含まれています。クロロゲン酸には脂肪を燃焼させる働きや、脂肪の蓄積を抑える働きがあるため、ダイエットにはとても効果的です。

老廃物排出を促進する効果も

コーヒーを飲むとトイレが近くなる経験をしたことがある人も多いことでしょう。実は、コーヒーに含まれるカフェインには、利尿作用や腸のぜん動運動を活発化させる働きがあります。余分な水分を体外へ排出してむくみを解消し、なおかつ便通を良くして腸内環境を整えます。腸内環境の改善は血行促進にもつながるので、全身的な代謝アップが期待できます。

コーヒーを飲んだ後に軽い運動をすると脂肪が燃焼しやすいと言われます。これは、カフェインやクロロゲン酸による脂肪燃焼と、運動による脂肪燃焼との相乗効果。ウォーキングなどの軽い運動でも良いので、ダイエットを志す方は、ぜひコーヒー&運動の組み合わせを実践してみましょう。

インスタントコーヒーでも
痩せられるか?

ダイエットのためには、インスタントコーヒーよりもドリップコーヒーのほうが好ましいでしょう。
インスタントコーヒーにも、もちろんカフェインやクロロゲン酸は含まれています。ただ、製品の製造工程で、それらの含有量はドリップコーヒーの半分程度まで減ってしまいます。ダイエット効果も半減してしまうということです。
また、ドリップコーヒーに使用するペーパーフィルターは、コーヒー豆に含まれるジテルペン類の流入をカットしてくれます。ジテルペン類とは、体内で中性脂肪の増加を助ける成分。インスタントコーヒーにはジテルペン類が残っている状態なので、ドリップコーヒーに比べて好ましくありません。

コーヒーダイエットを
実践する際の注意点

コーヒーに含まれるカフェインは、医療用にも使用されるほど各種の働きが強い成分。ダイエットなどを強力にサポートする働きもある反面、摂取し過ぎると思わぬ弊害が生じる可能性もあります。以下の3点に注意しましょう。

妊娠中にコーヒーダイエットをしない

これは半ば常識ですが、妊婦さんにカフェインは絶対禁止です。カフェインには鉄分の吸収を抑える働きがあるため、もとから鉄分不足になりやすい体質の妊婦さんは、鉄分欠乏症に陥る可能性が高くなります。妊娠中の極端な鉄分不足は、死産の可能性を著しく高めます。

こまめに水分補給を行なう

カフェインには強い利尿作用があります。余分な水分を排出するまでなら良いのですが、カフェインを摂取しすぎると必要な水分まで体から奪ってしまう可能性もあります。コーヒーダイエットを実践中の方は、脱水症状を避けるために、こまめに水分補給をすることを忘れないようにしてください。

コーヒーを飲み過ぎない

カフェインを摂りすぎると、危険なカフェイン中毒に陥る場合があります。2015年には、国内でもカフェイン中毒による死亡例が報告されました。
ダイエットのための適量は、1日に150ml×3杯程度。特に、短時間で大量のコーヒーを摂取すると、中毒までは至らなくても、睡眠障害などを引き起こす可能性は十分にあります。

コーヒーダイエットの正しい方法

コーヒーを飲むタイミングとしてオススメなのは、運動や入浴する20分前。カフェインは脂肪燃焼を促進する効果があるので、運動との相乗効果が期待できます。

カフェインは摂りすぎるのも良くありませんから、1日5杯をめどに摂取しましょう。一気に5杯飲んでもあまり意味がないので、3時間おきくらいに1杯ずつ飲むことをオススメします。

また当然ながら、コーヒーを飲んでいるからといって、お菓子やデザートをたくさん食べると効果は出ません。あくまでも暴飲暴食せずに、健康的な食生活に取り入れてください。

Recipe コーヒーの
アレンジレシピ

コーヒーは出来るだけブラックで飲む方が良いですが、たまには違ったカフェインのとり方をするのも楽しく続ける秘訣になるかもしれません。

ということで、今回はコーヒーゼリーのレシピを紹介します。

【材料】
  • コーヒー 650ml~700ml
  • 粉末寒天 4g
  • カロリーゼロシュガー(お好みで)
【作り方】
  1. コーヒーを鍋に入れ、粉末寒天を入れます。(中火で2~3分)※よくかきまぜてくださいね!
  2. 火から鍋をおろし、カロリーシュガーをお好みで入れます。※入れすぎ注意
  3. タッパーやマグカップなど、容器に移してあら熱をとります。
  4. 熱が取れたら冷蔵庫へ

低脂肪牛乳や、ローカロリーのクリームをかけて食べるのもOKです!

Voiceコーヒーダイエットの口コミ

  • コーヒー飲んでむくみスッキリ♪

    正直痩せたとはいえませんが、むくみがスッキリしました。私は、いつも食後に1杯コーヒーを飲んでいます。腹八分目の食事でコーヒーを飲むと、満腹感が出て腹持ちもよくなり、間食やドカ食いすることがなくなりました。今まで数字にとらわれてダイエットをしていたのですが、リバウンドがすごくて精神的に辛く続けられませんでした。むくみが取れると、体のラインがきれいに見えるので、見た目痩せしたい人にオススメです。

  • 食欲減退に効果が抜群です

    コーヒーダイエットは、コーヒーの成分で痩せることはないだろうな…というのは私感です。それでも、このダイエットをオススメしたい理由は、食欲が落ちる効果を感じたからです。

    濃いブラックコーヒーを飲むと胃が荒れるので、空腹より気持ち悪いが勝ったりします。なので、どうしても食欲を抑えられないときよくやっています。

  • ハワイのコナコーヒーにハマりました!

    友達がハワイのお土産でコナコーヒーを買ってきてくれました。甘い香りで、とても飲みやすく毎日のように飲んでいたら、なんだか太りにくくなった気がします。調べてみるとダイエット効果もあるそうで、最近太らない理由がわかりました。これからも愛飲し続けていこうと思います。