HOME » ダイエットにオススメの食事方法 » スムージーダイエット
スムージーダイエット(イメージ)

スムージーダイエット スムージーダイエット

外見だけではなく、体の中から綺麗になれるスムージーダイエット。その秘密は、糖類と乳製品を使わず、野菜本来の酵素やフルーツの甘味を活かして作るところにあります。熱を加えないことで酵素や食物繊維を豊富にとることができるので、老廃物が排出され、内面から綺麗になっていくのです。

スムージーダイエットとは?

スムージーダイエットとは、野菜や果物のスムージーを飲むことで減量を目指す方法のこと。芸能人やモデルさんなど、美を売りにしている人たちから広く支持されているダイエット法の一つで、一過性のブームで終わらず、すでに定番の方法として定着した感があります。
作り方は、生の野菜や果物をそのままミキサーにかけるだけ。手間もいらず、しかも食材の栄養素をダイレクトに吸収できるので、ダイエット効果のみならず様々な美容効果・健康効果が期待できます。

スムージーが持つ
様々なダイエット効果

スムージーダイエットを実践している人たちからは、実際にダイエット効果があったという声が多く聞かれます。スムージーが持つダイエット効果の根拠を見てみましょう。

腸内環境の改善によるダイエット効果

材料にもよりますが、緑黄色野菜を多く含むスムージーには食物繊維が豊富。食物繊維は腸のぜん動運動を活発化させて、便通を良くします。腸内環境の改善は、脂肪燃焼効果をもたらすことが知られています。

血液サラサラによるダイエット効果

葉物野菜のスムージーには、血液をサラサラにするクロロフィルという成分が豊富に含まれています。血液がサラサラになると全身の代謝がアップ。ダイエット効果につながります。

むくみ解消によるダイエット効果

野菜や果物に多く含まれるカリウムは、高い利尿作用を持ちます。体内にたまった余分な水分を尿として外に排出することで、むくみの解消につながります。むくみと脂肪は関係ありませんが、むくみを解消すれば、見た目がスマートになり体重も減ります。ダイエット効果と同じと考えても良いのでは?

快眠によるダイエット効果

夜の暴飲暴食を避けてスムージーを飲むことにより、快眠が得られるという声が多く聞かれます。アメリカの睡眠学の権威・マイケル・ブルース博士は、毎日の快眠がダイエット効果をもたらすことを臨床実験で証明しています。

置き換えによるダイエット効果

朝食や夕食をスムージーに置き換えている人もいるようです。いわゆる置き換えダイエットですが、その是非はさておき、総摂取カロリーが減ることからダイエット効果は期待できるでしょう。


他にも、スムージーに含まれる酵素や、スムージーから得られるリラックス効果がダイエットに有効という説明もあります。
ちなみにダイエット効果に加えて、豊富なビタミンによる働きから、美肌効果やニキビ解消効果なども期待できます。スムージーは、痩身と美肌が同時に得られる一石二鳥な飲み物なのです。

スムージーダイエットに
おすすめの食材5選

スムージーダイエットに使う食材は、野菜や果物なら何でも良いというわけではありません。食材を誤ると、むしろ太ってしまう原因にもなります。
スムージーダイエットにおすすめの食材と、おすすめできない食材を整理してみました。

スムージーダイエットにおすすめの食材

ホウレン草

ビタミン、ミネラルがバランスよく豊富に含まれた、まさにスムージーダイエット向けの食材。基本的に緑黄色野菜であれば、なんでもスムージーダイエットに向いています。

トマト

トマトに含まれるリコピンの高い抗酸化作用は、血液をサラサラにする働きがあります。代謝をアップさせて、効率的にスムージーダイエットをサポートします。

アボカド

豊富なビタミン、ミネラル、そして良質なオレイン酸を含んでいます。アボカドのオレイン酸は脂肪燃焼に効果的と言われています。

バナナ

オリゴ糖や食物繊維など、便秘解消に良い成分が豊富です。バナナは全体の味のまとめ役にもなるので、重宝されるスムージー食材です。

豆腐

野菜や果物ではありませんが、ぜひスムージーダイエットに取り入れたい食材。豊富なタンパク質が筋肉の材料となり、基礎代謝アップにつながります。

スムージーダイエットに不向きな食材

甘味の強い果物

オレンジなどの甘みの強い果物の多くは、糖質を多く含んでいます。糖質を過剰に摂ると脂肪が蓄積されるため、ダイエットスムージーとしての食材にする際には適量に抑えましょう。

芋類

芋類には糖質が多く含まれています。ダイエットを目的とした食材には向いていません。

カボチャ

カボチャにも糖質が豊富です。スムージーを美味しくする食材の一つですが、ダイエットを目的とした場合にはおすすめできません。

 

スムージーダイエットの正しい方法

スムージーを食事に置き換えてダイエットする方法が一番効果を得られます。

1杯分のカロリーを100kcal以下に抑えることもできますし、自分の好きな時間に置き換えるだけで効果が出やすいのも特徴。もちろん朝食と夜食など2回置き換えても構いません。

痩せる仕組みは簡単で、平均で約400kcal(約おにぎり2個分)くらいの食事を、100kcalのスムージーに置き換える。それだけで300kcal抑えられて、栄養素を豊富にとることができます。

良いことづくしのスムージーダイエットですが、毎回野菜や果物を豊富に使いますので、コストは結構かかってしまいます。

さらに注意する点は、毎回同じ材料で作らないこと。栄養が偏ってしまう可能性があるので、朝食をレタスメインにしたなら、夜食はホウレン草をメインにするなど、入れる食材を少しずつ変えていきましょう。

Recipe 初心者でも失敗しない簡単スムージーレシピ

初心者でも簡単に作ることができる、100kcal以内のスムージーのレシピを紹介します。

【材料】
  • バナナ 1/4個
  • キウイ 半分
  • リンゴ 1/4個
  • 小松菜 40gほど
  • 水 100cc
  • 氷 適量

バナナは皮を剥いて、あとの食材はそのままミキサーにかけるだけ。作る直前に野菜やフルーツを切っても良いのですが、忙しい時の為に食材を一口大に切って冷凍しておくと便利ですよ。

スムージーのレシピは無限大にあります。自分の体質にあったレシピを見つけいろんなスムージーを試してくださいね。

Voiceスムージーダイエットの口コミ

  • 一人暮らしの朝にぴったりのお手軽ダイエット

    朝仕事に行く前はバタバタしているので、片手で飲めるスムージーは本当に楽ちん。腹持ちがいいので、まったく苦じゃありません。始めた当初は、便通がいいのですが、慣れてくると前のように戻りました。肌荒れや口内炎ができにくくなったので、ビタミンはきちんと取れているみたい。

  • やめるとすぐにリバウンドしちゃう

    2か月で、165センチの75から60キロに!昼間は、炭水化物を抜いたから効果がすぐに出たのだと思います。しかし、1か月後には飽きてしまって、途中でやめてしまいました。すると、みるみるうちにリバウンドして元の状態に。味があまり好きではなかったので、好みの味だったらもう少し続けられたかもしれません。

  • スムージー+運動で痩せました

    私の場合は、1食置き換えでなく、すべての食事をスムージーに置き換えました。

    朝は、スムージー。昼は、スムージーとサラダ。夜は、スムージーとサラダに鶏ささ身をプラス。これにとどまらず、週に3回はジムに通い、家に帰るときは、一駅前で降りて歩きました。ここまでやるとかなり痩せます。スムージーは飲むだけダイエットとはいきませんが、運動もストイックにできる人には、効果があると思います。