HOME » ダイエットにオススメの食事方法 » おかゆダイエット
おかゆダイエット(イメージ)

おかゆダイエット おかゆダイエット

おかゆダイエットが人気な理由、それは自然にカロリーを減らすことができるということ。食事制限ダイエット失敗の大きな理由は耐えきれない空腹感にあります。しかし水分を多く含むおかゆは、いつも食べている量の半分にしたご飯で作っても同じ量を食べているような満腹感があり、カロリーはかなり抑えられるというメリットがあるのです。

おかゆダイエットとは?

おかゆダイエットとは、おかゆを食べることで原料を目指すダイエット法。ある医師が提唱して話題となり、以後マスコミやネットを通じて広く知られるようになりました。
おかゆダイエットでは、様々なやり方が紹介されていますが、基本的には朝食、昼食、夕食のうち1食をおかゆに置き換える方法が一般的です。
一般的に推奨されているおかゆダイエットの実戦期間は1~2週間。期間が短いために挫折する人も少ないようです。

おかゆダイエットの効果の根拠

正しいやり方を実践すれば、おかゆダイエットには一定の減量効果があると考えられます。実際、おかゆダイエットで減量に成功した人の声も多く見かけます。
おかゆダイエットの効果の根拠を4つ挙げてみました。

カロリーが大幅にカットされる

普通のご飯に比べると、おかゆのカロリーは圧倒的に低くなります。100gあたりで比較すれば、ご飯が168kcal、おかゆは36kcalです。実に1/5ほどのカロリーまで抑えることができるのです。1日1食だけでも主食をおかゆに置き換えれば、1週間でも大幅のカロリーカットになるでしょう。

食べ過ぎることがない

おかゆのカロリーは、普通のご飯の1/5。茶碗1杯分のご飯と茶碗5杯分のおかゆが同じカロリーということです。茶碗1杯分のご飯を食べることは誰でもできると思いますが、茶碗5分のおかゆを食べることはなかなかできません。つまり、おかゆは、どんなに頑張っても食べ過ぎることがほとんどないのです。

食べた直後は満腹感を得られる

おかゆには大量の水分が含まれているため、たとえ低カロリーでも、食べた直後は満腹感を得ることができます。また、おかゆは熱いため、普通のご飯とは違って一気食いすることができません。時間をかけて少しずつ食べている間に、満腹中枢が満たされていきます。

安いので続けやすい

おかゆを作るうえで、特別に新たな食材やサプリを購入する必要はありません。お金のかかるダイエット法ではないので、経済的な理由ですぐに挫折することはないでしょう。1週間程度続ければ、一定のダイエット効果が見られてくるはずです。

置き換えにおすすめのタイミング

朝食、昼食、夕食のうち、おかゆダイエットを実践するなら夕食での置き換えがおすすめです。
なぜなら、おかゆは腹持ちが悪いため、朝食や昼食をおかゆに置き換えると、次の食事までお腹が持たなくなるからです。結果、つい間食を摂ってしまって、ダイエットどころではなくなるかも知れません。
それに対して夕食の場合、食後はあまり体力を使うこともありません。空腹を感じないまま就寝してしまう可能性も高いでしょう。

また、朝食や昼食に比べると、一般に夕食は豪華な内容になりがち。ここを敢えておかゆに置き換えれば、朝食や昼食の置き換えよりも高いダイエット効果が期待できるということも理由です。

さらに、朝食や昼食をおかゆに置き換えても、期待するほどのダイエット効果は得られないということも覚えておきましょう。なぜなら、朝食や昼食で摂取したカロリーは、日中の活動によってほぼすべて消費されるからです。

以上の理由で、効率的におかゆダイエットを進めるためには、夕食での置き換えをおすすめします。

おかゆダイエットの正しい方法

手順としては、現在主食として食べている白米やパンを、おかゆに変えるだけと簡単。最初は1日1食の主食をおかゆに変えて、徐々に2食、3食と変えていくのがオススメです。

お米1に対して、どの位水をいれるかによって、おかゆの呼び方が変わります。

  • 3分粥…20倍
  • 5分粥…10倍
  • 7分粥…7倍
  • 全粥…5倍

もちろん3分粥が1番お米の比率が少ないので、ダイエット効果は出やすいです。ですが、いきなり3分粥にすると満腹感を得られない可能性があるので、慣れてきたら徐々に変更していくことをオススメします。

シンプルな塩だけの味付けだと、どうしても味がワンパターンで飽きやすいので、ささみ・野菜・梅干しなどをのせてみたり、醤油・塩・生姜などで味を変えたりと、工夫をして継続しましょう。

そして、おかゆダイエットの注意点は、良く噛むこと。おかゆはさらっと食べられるので、噛むことをあまりしなくても飲み込むことができますが、人は噛むことで満腹中枢を刺激し満腹感を得ます。

良く噛んで食事するだけで、よりダイエットの効果を高めることができるのです。

Recipe ダイエット
おかゆレシピ

体を温めてさらにダイエット効果を高める、生姜おかゆの作り方を紹介していきます。

【材料】
  • 生姜 1カケ
  • 万能ねぎ 1つまみ
  • ご飯 80g(お茶椀半分ほど)
  • 水 500ml(2カップ半)
  • 塩 1つまみ
【作り方】
  1. 生姜を食べやすい形に切っておく。
  2. ご飯に水を加えて、弱火で煮ます。
  3. 全体的にあたたまってきたら生姜をいれ、塩を全体にまぶします。
  4. 火を止めたら万能ねぎを1つまみまぶして完成です。

Voiceおかゆダイエットの口コミ

  • 白米が大好きな人にはもってこいのダイエット方法

    食べるお米の量は減っているので、私はおかゆにして一週間で2キロ痩せました。

    体重は少しづつしか減っていませんが、満腹感があるので一番続けられそうなダイエットです。おかゆだけだと続かないかもしれないので、キムチや納豆をおかずに食べたりしています。

  • 大好きなアーティストのライブへ行くために減量

    もともと、167センチの58キロあり、ダイエットを始めました。テレビ番組で、おかゆダイエットを紹介していて、なかば半信半疑でチャレンジしました。徐々にではありますが、体重が減り、約5キロのダイエットに成功しました。おかゆダイエットでなければ、途中で挫折していたかもしれません。目標の40キロ台になるまで頑張ります!